読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

qshinoの日記

Powershell関係と徒然なこと

LANスイッチ

先週末、虚しい事で潰れた。


事務所の48ポートL3スイッチ2台と、16ポートL2スイッチ2台の接続装置調査で。

何でそんな事をやっていたか?

ネットワークが無茶苦茶だったせい。無茶苦茶具合を整理すると、


1. 中古のL3スイッチをもらって来て、何の設定変更もせずに使っていた。つまり、使っていた人はL2スイッチのつもり?

2.  そのスイッチには複数のサブネットのNICが接続されていた。

3.  スイッチの設定を見ると、一部ポートはsubnet vlanが設定されていたが、そのポートは未接続。

4. 前記のポートが何故未接続なのかを聞いたら、繋がらないから。まあ、当たり前田のクラッカー。何故なのか調べようともしないのね。

5. どのポートにどの装置が繋がっているのか聞いてみると、分からないって。L2と思っているなら、そんなもんかも知れないが、複数サブネットの装置を繋いでるのよね。どういう事?

6. 繋がってるサーバーはどれ?

繋がってるヤツって回答。どのサーバーが繋がっているのかも分かっていないらしい。

7. 繋がってるサブネット一覧は?

繋がってるヤツって。どんなサブネットがあるのかすら分からない。

8. IPアドレス一覧は?

繋がってるヤツ。やっぱりね、聞くだけ時間が無駄だわ。

9. 因みに、各サーバーには6-14個のLANポートあり。繋がってるのと、繋がってないのがあった。

10. 当然ながら、WinとLinuxが混在。

11. アカウント管理は想像通り、全てスタンドアローン

12. ホスト名も管理されていない。ということは、各ホストで独立したホスト名管理。同じIPアドレスで、違うホスト名は当たり前。

きっと、IPアドレスで装置を指定していたのね。

13. そう言えば、10.x.x.0っていうIPアドレスの装置があった。古いブロードキャストアドレスよね、これ。

14. 因みに、スイッチの数から、調査対象は最大124ポート=(48+16)x2-4

15. サーバーにはログイン出来るものと、できないものあり。


というわけで、ネットワーク正常化に向けて現状調査をしたのが先週末。